デレマスボーダーbot 開発計画

きっと追いついて 手を伸ばして 抱きしめるから 全速力で どこまでも走るよNear to You

わたしたちの未来を、ほんのすこしだけお見せします。

※下記に記載のない新規機能や機能改善のご提案は Twitter: @imcgborder までリプライでお寄せ下さい。

もうすぐできる機能 (実装中)

プロデューサー検索

プロデューサー名、ランク、レベル、所属プロダクション、その他各属性によって検索ができるようになります。

CSVダウンロード機能

プロデューサー(全体情報、各イベントごとのプロデューサー最終成績)、プロダクション(全体情報、各イベントごとのプロデューサー最終成績)をCSVでダウンロードできるようにします。

新規追加カード ツイート機能

新たなカードが追加されたときにツイートでお知らせします。過去のカード追加履歴から将来追加されるタイミングを自動推測し、追加後2分以内のツイートを目指します。

肩書情報の取得

カードごとの肩書有無を表示できるようにします。

できるかどうか検討している機能 (研究中)

プロデューサー詳細ページの強化

プロデューサー詳細ページに、イベント種別ごとの過去実績を表示します。ミニチームイベントで、応募者の当該イベント過去成績が現在よりもわかりやすくなるようにします。(2019/4現在は上位10イベントしか表示されないため、イベント種別ごとの実績がわかりづらい)

PRA観測 (@imcgborder For P.R.A.)

PRA情報を取得することで、現在の「イベントに参加したユーザのみ観測する」ボーダーbotの仕様を、「すべてのプロデューサーを観測する」仕様へと発展させます。これにより、PPDBで取得できたデータが完全に補完されます。

イベント間 結果比較

ツイート上で出力している前回比・前々回比だけでなく、過去のどのイベントとでもスコアを比較できるようにします。また、複数イベント間のスコア推移グラフを重ね合わせることで、ボーダー推移を視覚的に把握できるようにします。

フリトレ取引履歴観測 (@imcgborder For Traders: Tier1)

カードごとのフリトレにおける履歴を取得します。カードの取引量予測モデルを自動作成し、観測頻度を動的に変更することで、漏れと無駄のない観測を目標とします。最終的には、フリトレ履歴から各コストごとのスタ/エナ標準レートを割り出せることが目標です。

担当P推定

過去のプロデューサー属性から、「担当アイドル」を推論し、プロデューサー詳細ページに表示します。

道場リスト お気に入り登録

道場リストに fav 機能を追加し、いつも使う道場だけを呼び出せるようにします。(see: Twitter)

要望があったが、むずかしくて中断した機能 (ペンディング)

フリトレ出品観測 (@imcgborder For Traders: Tier2)

フリトレの出品状況を定期的に観測し、Webポータル上で一覧表示します。アイドルを横断した複合検索が可能になります。